全日本フットサル選手権宮城県大会

11月22日23日の両日,全日本フットサル選手権宮城県大会を見てきました。
県リーグ所属チームが東北リーグ所属チームに勝つなど,見応えがありました。
読みづらいと思いますが,感じた事を箇条書きにします。

【攻撃時】
・スペースに走り込ませるようなパスは殆どない,全て選手の足下へ速いパス
・基本的にドリブル突破はしない(上手な選手ほどその傾向あり)
・ドリブルを使う場面は,サイドの1対1から交わして(相手をずらして)ファー詰めを狙う場面か,相手ゴール前での1対1くらい
・ドリブルに頼る必要のないほど周りのフォローが早く,ボールを持った選手もフォローに来た選手をしっかり使っている
・パス&ゴーは当然だが,パスを出す度に選手同士の前後左右のポジションチェンジを頻繁に行っている,動きが停滞しない
(宮城県フットサルリーグ1部所属のD-GUCCIさんの試合は衝撃的でした)
・キーパーへのバックパスを有効に使っている
・バックパスを使うためにキーパーから受けたボールを,早めに1度相手コート内に入れている
・キーパーからのロングスローは攻撃の最初のアクションとして有効(スローインの精度と強いピヴォがいれば良い武器になりそう)
・キックインとコーナーキックのバリエーションが豊富(但し,あまり複雑な事はしていない)
・全員うるさいほどに声を出す


【守備時】
・大半のチームがマンツーマンディフェンスを採用しているように見えたが,マンツーマンであろうとゾーンであろうと,マークを外されたりずらされたりしたときに相手に決定的なチャンスを与えている
・高い位置から始めるディフェンスは,相手の攻撃パターンを限定させる意味で有効
・全員うるさいほどに声を出す


と言うわけで,初めてハイレベルな試合を生観戦して思った事。
いくら戦術を練習しても”狙った所にボールを蹴る,止める”の動作がしっかりしていないと全く話にならないと言う事。やっぱり基本は重要です。
試合前のアップをみても,参加した全てのチームが,高校の部活並みに声を出して基本練習→シュート練習をしていました。

今季県リーグなど残りの日程を記載します。
フットサル観が変わるほど刺激を受けると思うので
時間のある人は,ぜひ行ってみて下さい。

【全日本フットサル選手権宮城県大会決勝リーグ】
11月30日(日) 桃生町農業者トレーニングセンター

【県リーグ1部】
12月21日(日) 美里町農業者トレーニングセンター
1月25日(日) 色麻町民体育館
2月8日(日) 美里町農業者トレーニングセンター

【県リーグ2部】
12月23日(火) 古川総合体育館
1月18日(日) 色麻町民体育館
2月7日(土) 美里町農業者トレーニングセンター

・桃生町農業者トレーニングセンター
石巻市桃生町城内字東嶺164番地

・美里町農業者トレーニングセンター
遠田郡美里町北浦字下新田97番地1

・色麻町民体育館
加美郡色麻町四竃字柧木町132-1

・古川総合体育館
大崎市古川旭4丁目
スポンサーサイト

2 Comments

#9  

止める。蹴る。はすぐには上手くならないから声を出すとパス&ゴーから始めましょう

2008/11/26 (Wed) 15:44 | REPLY |   

やす  

俺も足元も練習したほうが良いよな。
せめてボール来た時あたふたしないくらいまでには・・・。
みんなのアドバイスよろしく!!

2008/11/26 (Wed) 22:45 | REPLY |   

Post a comment