Fリーグ2010開幕

いよいよFリーグ2010シーズンが開幕しました~!
リカルジーニョ加入で,例年にない盛り上がりを見せているFリーグ。

開幕節の結果は…
北海道 2 - 2 名古屋
花巻 2 - 3 浦安
府中 2 - 4 大阪
湘南 4 - 5 大分
神戸 5 - 5 町田


強者相手に,現実的に戦うか真正面からぶつかるか?

そして今,開幕戦となった北海道対名古屋での北海道の戦い方に関して,賛否両論が渦巻いている。
その戦い方とは,北海道が開始1分過ぎからパワープレーを始めたこと。
パワープレー自体悪いことではないが,開幕節で北海道が見せたパワープレーは”得点を奪いに行くため”のパワープレーではなく,”名古屋にポゼッションさせないため”の時間稼ぎのパワープレーだったと言うこと。北海道は王者名古屋に対して,パワープレーでボールを回し”時間稼ぎ”に終始した。攻める気配など全くなかったらしい。

リーグ前哨戦となった先月のカップ戦で,北海道は名古屋相手に1対8の大差で負けている。
しかもその試合で,リカルジーニョは出ていない。
今回この戦術で戦ったのは,大事なリーグ開幕戦で王者相手に大敗をしないための苦肉の策だったのかもしれない。


”弱者は強者に対して守備的に戦う”
この考えは十分理解できる。


ただ,日本のトップリーグとして,お金を払って見に来てくれる人がいる以上,この戦い方はどうかと思う。
パワープレーほど,見ている側が面白くない場面はない。
ましてや,攻める気配がないパワープレーなど論外だ。
”攻める気配がない”のは,守備的の範疇を越えている。

こんな感じの話題で,今フットサル界は盛り上がっています…。

個人的に注目しているのは,リカルジーニョはもちろんのこと,町田の甲斐・市原・金山・稲田のCASCAVELセット。
そんな開幕節のダイジェストは,BS日テレで8月15日23時から放送されます。
スポンサーサイト

1 Comments

JB  

ゲロッパ!

2010/08/10 (Tue) 07:13 | REPLY |   

Post a comment