FC2ブログ

不甲斐ないです

昨日はお疲れさまでした。

1本目終了後,いきなり厳しいことを言いましたが,外から見ていて言わずにはいられませんでした。
あのタイミングで厳しいことを言ったら,チームの雰囲気が悪くなることは承知の上で言いました。

せっかくの実戦の場を,自ら無駄にしているようで不甲斐なさだけが残り,来て下さったブランカーさんに対して申し訳ない気持ちです。

危機感,感じてますか?

参入戦まで残り2回しか練習できません。
この1年,参入戦のために練習してきました。

その舞台まで1ヶ月をきったにも関わらず,個々のモチベーションが上がっていないように感じるのは俺だけでしょうか?

残り2回の練習で,技術が飛躍的に上達するとかあり得ません。

できることは,個々のモチベーションを上げることだけ。

ここまできたら後は戦う気持ちでしょ?
がむしゃらにボールに食らいついて,相手に勝とうとする気持ちでしょ?

アップの時点ではそこそこ元気よくやってるのに,試合になると静かになる。

緊張からくるものなのかわかりませんが,本番の舞台では会場独特の緊張感もあるだろうし,何もできずに終わってしまう。

チーム内がそんな雰囲気になりかけた時,味方を鼓舞する選手が1人でも欲しい。
今は誰かの緊張がメンバー内に伝染し,ふわふわした感じで試合に入ってしまう状況。

味方を鼓舞するのは味方しかいない。
この前のブログにも書いたけど,実際にプレーする人同士でこの辺のコミュニケーションをとれないと,この先どんな相手だろうと厳しい。

どれだけ俺が”集中!”とか言っても,チームがシーンとしている状態では意味がないし,それを合図にメンバー同士が声を掛け合い盛り上がる感じじゃないと意味がない。

昨日は完全にシーンとしちゃってましたね。
ああいうミーティングの場で盛り上がらないと!と言うか,メンバー同士で盛り上げないと!!

緊張するな!というのは無理な話なので,自身の緊張を良い方向に変えられるメンタルのコントロールができればと思います。


ただね,良いところも結構あったんですよ。
パスを出してから止まっている選手が少なくなり,うまくマークを引きつけといて…とか。
ただ,そこの空いたスペースに誰も入ってこないなと。

試合の途中でも言いましたが,ただスペースを作るために走るのではなく,スペースを作るために走ったついでに空いたスペースに入るイメージを持てば連動した形が1つでも多く作れるのかなと思います。
スポンサーサイト