FC2ブログ

指導のポイント

土曜日は練習お疲れ様でした!
人数が少なく、かつ暑い中、良いトレーニングができたんじゃないでしょうか?

さてさて今週土曜日は、いよいよフットサル教室です。
小学生が何人集まるか、非常に楽しみです。

まず、当日参加できるメンバーは白×黒の5周年Tシャツを着用しましょう。
それから、子供達の見本にならなくてはいけないので、子供達や保護者への挨拶はしっかり。

フットサル教室のコンセプトは

フットサルが上手くなる

ではなく

フットサルを好きになる

こと。

技術的な指導は二の次で良いと思います。
まずは”フットサルって楽しい”という気持ちを持ってもらって、次のフットサル教室(開催未定…)も来たいなと思わせる事が先かなと。

指導のポイントをまとめました。

・絶対に怒らない
→怪我させちゃうような危険行為以外は怒らない事。
1プレー毎に色々言われると”フットサルって楽しい”という気持ちが持てなくなってしまいます。

・課題に対して答えを教えない
→与えた課題の答えをすぐに教えてしまうと考える力が育たないので、解決のために一緒に考えてあげる。

・大人の価値観・エゴを押し付けない①
→大人から見て明らかにそのやり方では失敗するだろうという行動も、子供なりに考えて行っている事なので見守ってあげる。
子供が行動を起こそうとしている時に”そのやり方じゃ~できないよ”とか言わない。
たくさん失敗させて、次の解決方法を考えさせる。

・大人の価値観・エゴを押し付けない②
→ゲーム中に”この場面ではあっちにパスを出す”とか”ここはドリブルでしょ”とか、そんな事も言わない。
自由にプレーさせて構いません。
たくさん失敗させて、次の解決方法を考えさせる。

・課題をクリアしたらしっかり褒めてあげる
→成功体験は自信に繋がります。
自信がつくと、次のステップへの意欲へ繋がります。
ようはチャレンジ精神旺盛な子になります。
ハイタッチでも良いし頭を撫でてあげても良いし、成功体験は一緒に喜んであげましょう。


こんな感じでまとめてみましたが、何よりも大事なのは褒めてあげる事だと思います。
常に子供達に目を配って、いかに褒めてあげられるか?がポイントかなと思います。

初めての事なので俺達も指導については勉強しながら進めていきましょう。
とにかく”子供達と一緒に楽しくフットサルする”だけ!!
スポンサーサイト